迫り来る病魔を跳ね除けよう|うつ症状は長期的な精神治療で治す

心も体も健康が大切です

女の人

気分転換できていますか

社会生活の中で人間関係に悩んだり、自分にとってつらい生活環境が長期間続くと心や体に意欲や活力が失われてしまうことがあります。うつ病は二週間以上憂うつ状態が続くことで、感情をコントロールしている脳内情報伝達物質のバランスが崩れて発症します。主な症状に睡眠障害や食欲低下、倦怠感があります。ホルモン異常が起こる場合もあり、女性に多い更年期障害と深い関係があります。うつ病は症状を引き起こしやすい性格があります。普段から真面目で仕事熱心な人が頑張らなければと絶えず全欲で打ち込んでいたり、神経質で他人に物事を任せられないこだわり体質の人は注意が必要です。しかし、性格が似ているとすべての人がうつ病になるわけではありません。人によりストレス耐性は異なり、突然コントロールが効かなくなると脳内分泌ホルモンが異常をきたします。時には気分転換をしたり、自分自身でほどほどに力を抜くことも必要です。負担が大きいと感じたらまずは休息が大切です。負の思考に襲われた時には心療内科に相談してみましょう。

原因不明の病状が現れます

うつ病の症状は精神的なもの以外に、身体的な不具合がさまざまあります。頭痛やめまい、耳鳴りなど、体の症状に精神的負担が隠れている状態を仮面うつ病と呼ばれます。内科を受診しても原因が見つけられなかったり、身体的には健康と言われても本人にとってつらい症状がある場合には、うつ病からくる身体症状かもしれません。心療内科では臨床心理士と共にカウンセリングを行います。認知行動療法は負の要素で固まってしまった思考をより柔軟に物事を考えられるように治療していきます。治療は薬物療法と共に行われます。感情をコントロールしているセロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の動きを整える抗うつ薬を使用します。抗うつ薬はさまざまな種類が開発されています。以前は吐き気や便秘、下痢などの消化器系の不具合が副作用として起こりましたが、現在では自分の体質を見極めて副作用の少ないものを使用します。うつ病は一度回復してもぶり返す場合もあり、中長期的に予防として精神療法を行っていきます。迫り来る病魔を跳ね除けましょう。

一人で抱え込まないで

悩む女性

身近な人がうつ病になった方は、心療内科クリニックで診断を受けましょう。クリニックに行くときは、精神的症状や肉体的症状をメモしておくことが大切です。また、人気のクリニックを訪れる際は、事前に予約しておくと安心です。

More Detail

心のバランスの調和

男性

うつ病で悩む人の多くは、ストレスを溜めやすくリフレッシュの仕方が分からない為にため込んでうつ病になります。個人で気づく事が難しい為、周囲の人の症状に気付いて声をかける事がリラックスした状態を作り出すことが出来てうつ病の予防になります。そして、うつ病の疑いがあるのであればクリニックへの受診を促しましょう。

More Detail

心の病を理解するには

男性

職場でうつを発症した人は、その症状のため仕事をやる気がないように見られがちです。上司の叱責などは逆効果で病状を悪化させる原因ともなります。うつの人は真面目で几帳面な人が多く職場などのストレスで発症します。会社が率先してうつの人に理解を示し従業員にこの病気の認識を高めることが必要です。

More Detail

苦しい病を克服する

ウーマン

うつ病は自分自身の状態を客観的に認識できなくなる病ですから、客観的な意見をくれる医師と一緒に治療を進めていく事が大切です。うつ症状を軽減するためには病院による投薬療法だけでなくカウンセリングによる治療を取り入れると良いでしょう。

More Detail

早期解決が大事

2人の女性

うつの症状は心の異変から始まります。そして症状が重くなると体の異変が生じ始めます。そのため心の異変に気付いた時に早めに病院に行くことが大事です。早期に適切な治療を行うことで完治する確率が高くなるためです。

More Detail