迫り来る病魔を跳ね除けよう|うつ症状は長期的な精神治療で治す

苦しい病を克服する

ウーマン

孤独にならない

うつ病治療は患者さんと医師の二人三脚で行うものです。うつ病を発症した場合、未来を悲観したり自分を卑下する症状が現れますので、客観的に適切なアドバイスをくれる人の助力が欠かせないのです。特にうつ病によって会社を辞めたり学校を休んでいる場合、人との関わりが少なくなるだけでなく自身の未来を悲観してしまいますから医師との人間関係が重要な役割を果たします。うつ病の症状を緩和するために認知療法を取り入れている病院があるほど、うつを客観視する努力は大切なものです。そのために、周りの人達からサポートを得られるような体制を整えておくとより一層心強いでしょう。友達と関わるのが難しい場合、同じくうつを抱える患者さんの互助組織に所属したり、インターネットのコミュニティに参加すると気軽に交流できます。うつ症状が重度な場合人と交流するのも難しいものですが、そのようなケースでは治療に向けて家族の援助が欠かせません。家族と一緒にうつに関する理解を深めていきましょう。それによって家族の不安も軽減するのです。

病を治す道筋

うつ病には様々な種類がありますが、その大半が抑うつ症状を伴う病です。双極性障害であればうつ症状だけでなく躁症状も発症しますが、必ず気分が落ちてしまう時もありますので注意しましょう。社交的になる時期があると言ってもうつ病ではないとは限らないのです。うつ症状はまず薬によって抑えるのが一般的ですが、中には投薬治療があまり功を奏さない患者さんもおられます。このようなケースではカウンセリング治療を取り入れて回復への道筋を作りましょう。特に特定のトラウマやPTSDからうつ病を発症している患者さんの場合、カウンセリングによって問題と向き合う努力が欠かせません。心の悩みを抱えている患者さんの中にはそうした問題を人に話せなかったり、相談していても有効な解決方法が見つからない場合があります。専門的なカウンセラーは人の心の問題を和らげる方法を熟知していますので、聞いてもらう価値は高いのです。また個人的に症状を安定させたい場合、まずはうつ病について学ぶようにしましょう。