迫り来る病魔を跳ね除けよう|うつ症状は長期的な精神治療で治す

早期解決が大事

2人の女性

異変に気づいたら病院へ

うつ病は現代病です。ストレス社会においてはうつ病にかかる人も年々増加しており社会問題にもなっています。毎日のストレスの中で、やる気が出ない日もあります。うつ病かもと考えてしまうことも珍しくありません。うつ病は軽い時期に適切な処置を行うことで深刻なダメージを受けずに済みます。今やうつ病は隠す病気ではありません。病院でも心療内科や精神科など心の病に対して積極的にカウンセリングを行う体制をとっています。少しでも予兆を感じるのであれば、すぐに病院に行って適切な診察を受けることが大事です。万が一うつ病でなかったとしてもうつ病を防止する有益な日常生活のヒントを得られることもあるからです。そのため不安を感じているのであれば、不安を解消させるためにも病院に行くことをおすすめします。病院に行くことが不安になる人も多いのですが、そのほとんどが問診です。医師の質問に対して回答する流れです。そのため適切な診断結果を得るためにも正直に回答することが大切になります。

心の異変と体の異変

うつの症状は心の症状と体の症状があります。心の症状は、気分が落ち込んだり、意味もなく悲しい気分になったり、希望が無くなるなどの状態や、集中力の低下や決断力が落ちるなどの思考力の低下、そして趣味が嫌いになる、何をしても面白くない、毎日がつまらないなどの意欲の低下があります。誰にでもこのような症状はありますが、たいていの場合は一過性です。しかし継続的にこのような症状が続く場合には、可能性を疑うことが大事です。体の症状もあります。眠れないことや夜中に何度も目を覚ますなどの睡眠異常、食欲がなくなる事や体重の減少など、疲れやすくなった、倦怠感が取れない、生理的不順があります。これ以外にも病気と混同されることも多いのですが、頭痛や関節痛、便秘や下痢、心臓や胃などの臓器の痛みがあります。心の不安は、時に体に影響を及ぼします。人間は心身相関がありますので、心の病だけにとどまらないことが多いのです。体に症状が出るころには、症状が重くなっているサインです。一刻も早く病院に行くことが大事です。